ページ内移動リンク

Nikon
光ガラス株式会社 | Japan
サイト内検索

ニュース

光ガラス株式会社からの最新情報

2017年9月1日

ZEMAX(agf形式)ファイルを更新しました。

ZEMAX(agf形式)ファイル


2017年5月1日

カタログ改訂のお知らせ

1.硝種名を新たに各種データを更新致しました。(旧硝種は廃止)
  J-FK01⇒J-FK01A  nd=1.497000 vd=81.65
  J-LASF08⇒J-LASF08A  nd=1.883000 vd=40.69
  J-LASF09⇒J-LASF09A  nd=1.816000 vd=46.59
  J-LASFH9⇒J-LASFH9A  nd=1.902650 vd=35.77
2.高透過率化を実現したガラスの開発が完了致しました。
  J-LAF016HS  nd=1.801000 vd=34.92
  J-LAFH3HS  nd=1.795040 vd=28.69
  J-LASF05HS  nd=1.834810 vd=42.73
  J-LASFH24HS  nd=1.902000 vd=25.26
  J-SF03HS  nd=1.846660 vd=23.80
3.J-LASFH16の物性値を更新致しました。
4.生産頻度を更新致しました。
5.他社類似硝種を更新致しました。
6.zemaxファイルを更新しました。


2017年4月24日

第17回Photonix、レンズ設計・製造展2017への多数のご来場、誠にありがとうございました。


2017年4月4日

光ガラス株式会社は、レンズ設計・製造展2017に出展いたします。

期間:2017/4/19(水)〜21(金)
会場:パシフィコ横浜 展示ホールA,B
時間:10:00〜17:00
関連URL:http://www.opie.jp/lens/


2017年4月4日

光ガラス株式会社は、第17回Photonixに出展いたします。

期間:2017/4/5(水)〜7(金)
会場:東京ビッグサイト
時間:10:00〜18:00
関連URL:http://www.photonix-expo.jp


2017年1月5日

ZEMAXデータ更新のお知らせ

ZEMAX(agf形式)ファイルに屈折率の温度係数の定数(D0,D1,D2,E0,E1,Ltk)を追加しました。


2016年12月1日

カタログデータ更新のお知らせ

1.J-FK01のデータを更新致しました。
  (比重、熱的性質、化学的性質、機械的性質、屈折率の温度係数)
2.ZEMAX(agf形式)ファイルを更新しました。


2016年4月6日

カタログ改訂のお知らせ

1.異常分散性ガラスの開発が完了致しました。
  J-KZFH4   nd=1.552981 vd=55.07
2.高屈折率ガラスの開発が完了致しました。
  J-LASFH22  nd=1.848500 vd=43.79
3.高透過率化を実現したガラスの開発が完了致しました。
  J-LASF021HS  nd=1.850260 vd=32.35
  J-LASFH13HS  nd=1.903660 vd=31.27
  J-LASFH17HS  nd=2.000690 vd=25.46
4.モールドレンズ用ガラスが追加されました。
  Q-LAFPH1S  nd=1.743104 vd=49.44
  Q-LASFPH2S  nd=1.765437 vd=46.75
  Q-LASFPH3S  nd=1.795256 vd=45.25
5.生産頻度を更新致しました。
6.他社類似硝種を更新致しました。
7.ZEMAX(agf形式)ファイルを更新しました。


2015年4月20日

千葉事業所の土壌対策工事の終了について

千葉事業所において2014年7月より進めてまいりました土壌対策工事が2014年12月に終了しましたのでお知らせいたします。
ご近隣ならびに関係の皆様には、長期間にわたりご迷惑、ご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。あわせて、当該工事の実施にあたりご理解、ご協力をいただきましたこと厚く御礼申し上げます。



2015年4月1日

カタログ改訂のお知らせ

着色度の表記を2桁から3桁へ変更しました。
例:J-BAK1 34/30⇒340/300 となります。
詳細は、以下をご参照下さい。

1.J-BK7を廃止し、J-BK7Aとして各種データを更新致しました。
  J-BK7A   nd=1.516800 vd=64.14
2.低分散ガラスの開発が完了致しました。
  J-PSKH4  nd=1.593490 vd=67.00
3.高透過率化を実現したガラスの開発が完了致しました。
  J-SF6HS  nd=1.805180 vd=25.45
4.化学的耐久性を改良したガラスの開発が完了致しました。
  J-LAK7R  nd=1.651600 vd=58.62
5.屈折率2.0を超えるガラスの開発が完了致しました。
  J-LASFH16 nd=2.001000 vd=29.12
6.高屈折率ガラスの開発が完了致しました。
  J-LASFH21 nd=1.953750 vd=32.33
  J-LASFH23 nd=1.850000 vd=27.03
7.モールドレンズ用ガラスが追加されました。
  Q-PSKH4S nd=1.592450 vd=66.92
  Q-SK15S  nd=1.622910 vd=58.30
  Q-SK52S  nd=1.582860 vd=59.51
  Q-LAK53S nd=1.693430 vd=53.30

ZEMAX(agf形式)ファイルを更新しました。


2015年2月9日

東京営業所移転のお知らせ

このたび弊社、東京営業所を2015年2月9日に株式会社ニコン本社内(東京都港区)に移転する運びとなりました。

新所在地

東京営業所:
〒108-6290
東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟29階
営業部 電話:03-6433-3975 FAX:03-6433-3756


2014年11月26日

ZEMAX(agf形式)データに以下の硝種を追加しました。
J-LASFH24

ZEMAX(agf形式)ダウンロード


2014年7月3日

千葉事業所(旧本社)の土壌及び地下水調査について

弊社は事業所整備計画に伴い、千葉事業所(旧本社、千葉県四街道市もねの里2−38−8)において、土壌汚染対策法に基づく土壌及び地下水調査を行いました。
その結果、敷地の一部から基準を超える特定有害物質のセレン、鉛、砒素、ふっ素、ほう素を検出するとともに、敷地内数カ所の地下水観測地点から基準を超える特定有害物質(ほう素)を検出しました。

弊社はこの結果を受け、2014年1月20日に土壌汚染対策法第14条に基づく指定の申請を千葉県環境生活部水質保全課へ提出しました。
今後、事業所敷地内の土壌入れ替えによる浄化対策を実施してまいります。対策措置にあたっては、周辺環境に影響が生じることのないよう、関連法規を順守して実施いたします。

近隣の皆様には、ご心配をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。

なお、土壌及び地下水調査の詳細につきましては、以下の資料をご覧ください。

千葉事業所(旧本社)の土壌及び地下水調査の結果について
土壌汚染対策法第14条に基づく申請による区域指定区画


2014年4月1日

本社移転のお知らせ

このたび弊社は、2014 年4月1日に本社機能と事業機能の連携を強化し、さらなる業務の効率化を図るため、千葉事業所(千葉県四街道市)を閉鎖し、本社を秋田事業所(秋田県湯沢市)へ移転致しました。また、同じく2014 年4 月1 日付で営業の拠点として、株式会社ニコン大井製作所内(東京都品川区)に東京営業所を新設致しました。
これを機に社員一同さらに社業に邁進する所存でございますので、今後とも一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

新所在地

本社
〒012−0104
秋田県湯沢市駒形町字三又白幡155 番地
総務部(従来通り) 電話:0183−42−4291 FAX:0183−78−5545
経営管理部(移転)

東京営業所(新設)
〒140−0015
東京都品川区西大井一丁目6番3号(株)ニコン大井製作所内
営業部 電話:03−3773−8508 FAX:03−3773−9078


2013年7月25日

平成25年9月9日(月)に開催される秋田県合同就職面接会に参加します。

平成26年3月に大学、高専を卒業予定の学生の方に、
会社紹介、採用スケジュールなどを説明する予定です。


2013年3月14日

レンズ設計・製造展2013に出展いたします。
ニコン ガラス事業室・光ガラス共同出展

期 間:2013/4/24(Wed.)〜26(Fri.)
会 場:パシフィコ横浜 展示ホールC・D ブース・H-5
時 間:10:00 〜 17:00
入場料:無料(事前登録者)
主催者:株式会社オプトロニクス社

出展の見どころ

出品予定品目:一般光学ガラス
         モールドレンズ用光学ガラス 各種
         (新硝種・推奨硝種・開発硝種など)の紹介

 関連URL:http://www.opie.jp/lens/

皆様のご来場をお待ちしております。


2012年12月27日

CP+(CAMERA&PHOTO IMAGING SHOW)2013 コンポーネンツ&デバイスプラザに出展いたします。

 期間:2013/1/31(木)〜2/3(日)
 会場:パシフィコ横浜
 入場料:無料
 主催者:一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA)
 出品予定品目:
   一般光学ガラス
   モールドレンズ用光学ガラス 光学ガラス全般のご紹介

 関連URL:http://www.cpplus.jp/

 皆様のご来場をお待ちしております。


2012年5月18日
平成25年採用試験のお知らせ

平成25年新卒採用試験を6月8日(金)に実施します。
応募は秋田事業所総務部へ。


2012年5月9日
レンズ設計・製造展2012へのご来場ありがとうございました。

4月25日(水)〜27(金)にパシフィコ横浜にて開催されました『レンズ設計・製造展2012』弊社ブースへ多数のご来場をいただき 誠にありがとうございました。 今回の出展はニコン・ガラス事業室との共同出展でたくさんの方々にご来場頂き、過去最高の来場者数となりました。 今後とも皆様のご期待にそえますよう、新硝種の開発、コスト削減に取り組んでまいりますので宜しくお願い申し上げます。


2012年4月10日

レンズ設計・製造展2012に出展いたします。

期 間:2012/4/25(Wed.)〜27(Fri.)
会 場:パシフィコ横浜 展示ホールD ブース:H-4・H-5
時 間:10:00 〜 17:00
入場料:無料(事前登録者)
主催者:株式会社オプトロニクス社

出展の見どころ

出品予定品目:一般光学ガラス
         モールドレンズ用光学ガラス 各種
         (新硝種・推奨硝種・開発硝種など)の紹介
         Nikon D3本体のカットモデルの展示

 関連URL:http://www.optronics.co.jp/opi/lens.php

皆様のご来場をお待ちしております。


2012年4月1日

一般光学ガラスに以下の新開発硝種が加わりました。

  J-LASFH24 nd=1.90200、vd=25.26

これに伴い、カタログデータも改訂いたしました。


2012年3月12日

平成25年3月に大学院、大学、高専を卒業予定の方を対象とした、定期採用試験を予定しております。


2012年2月15日

秋田労働基準協会で毎月発行している、「労働基準情報あきた」の2月号に光ガラスが紹介されました。


2011年12月28日

平成24年2月22日(水)に開催される秋田県合同就職説明会に参加します。

平成25年3月に大学、高専を卒業予定の学生の方に、会社紹介、採用スケジュールなどを説明する予定です。

詳しくは下記をご覧ください。


2011年12月28日

CP+(CAMERA&PHOTO IMAGING SHOW)2012 コンポーネンツ&デバイスプラザに出展いたします。

 期間:2012/2/9(木)〜12(日)
 会場:パシフィコ横浜
 入場料:無料
 主催者:一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA)
 主催者:株式会社オプトロニクス社
 出品予定品目:
   一般光学ガラス
   モールドレンズ用光学ガラス 光学ガラス全般のご紹介

 関連URL:http://www.cpplus.jp/

 皆様のご来場をお待ちしております。


2011年10月3日

平成23年度安全衛生に係る秋田労働局長表彰の奨励賞を受賞しました。

労働災害や労働者の健康被害の防止に取り組み、職場の安全衛生に関する活動に功績のあった事業所として光ガラス秋田事業所が表彰されました。


2011年8月13日

光ガラス香港の事務所移転のお知らせ

光ガラス香港は下記の通り事務所を移転する事となりましたので ご案内申し上げます。

 新住所
  光硝子(香港)有限公司
  香港九龍灣宏開道20號楊耀松第八工業大廈12字E1室

  HIKARI GLASS (HK) LIMITED
  Flat E1, 12/F, Yeung Yiu Chung (No.8) Ind. Bldg,
   20 Wang Hoi Road, Kowloon Bay, HK


2011年6月17日

電力削減対策による夏季カレンダー再設定のお知らせ。

経済産業省による夏期の電力需給対策の発表を受け、夏期ピーク電力削減のため、秋田事業所の7月〜9月までのカレンダーの休日を分散化することといたしましたので、添付にてお知らせいたします。



2011年6月7日
平成24年新卒採用試験を6月24日(金)に実施します。
応募は秋田事業所総務部まで。

今年度の受付は終了いたしました。


2011年6月7日

カタログデータを改定いたしました。

1.光弾性定数を訂正しました。
  J-K3,J-K5,J-KZFH1,J-KF6,J-BAF11,JBASF2,J-SK2,
  J-SK5,J-SK10,J-SK11,J-SK12,J-LLF6,JF1,J-F5,
  J-LASKH2,J-LAF3,J-LASF03
2.他社相当硝種を修正いたしました。
3.J-LAK10のΔPdcとΔPgFの数値を入れ替えました。


2011年4月28日
レンズ設計・製造展2011へ多数のご来場ありがとうございました。

4月20日(水)〜22(金)にパシフィコ横浜にて開催されました『レンズ設計・製造展2011』弊社ブースへ多数のご来場をいただき誠にありがとうございました。 おかげさまで盛況のうちに会期を終えることができました。今後とも皆様のご期待にそえますよう、高品質な製品の提供に取り組んでまいりますので 宜しくお願い申し上げます。


2010年11月9日

CP+(CAMERA&PHOTO IMAGING SHOW)2011 Business Meetsに出展いたします。

 期間:2011/2/9(Wed.)〜10(Thu.)
 会場:パシフィコ横浜 アネックスホール
 入場料:無料
 主催者:一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA)
 出品予定品目:
   一般光学ガラス
   モールドレンズ用光学ガラス 光学ガラス全般のご紹介

 関連URL:http://www.cpplus.jp/

皆様のご来場をお待ちしております。


2010年8月3日
トップページに「データダウンロード」のコーナーを追加いたしました。
CODE V、ZEMAXのデータダウンロードを開始いたしました。

2010年4月27日
レンズ設計・製造展2010へ多数のご来場ありがとうございました。

4月21日(水)〜23(金)にパシフィコ横浜にて開催されました 『レンズ設計・製造展2010』弊社ブースへ多数のご来場をいただき誠にありがとうございました。 今後も各種要求仕様の満足への対応だけでなく、安定的な供給、ならびにコスト低減へ挑戦し続け、お客様に御満足いただく為の努力を日々行なってまいりますので宜しくお願い申し上げます。


2010年4月2日
「採用情報」のページを更新しました。

2009年12月16日
「光学ガラスカタログ」をリニューアルしました。
カタログデータの改訂が完了し、全面的なリニューアルを行いました。

2009年12月16日
「一般光学ガラス」のダウンロードデザインを変更しました。
また、硝種名の変更も併せて行い、従来の“E-”で
始まる名称を“J-”としました。

2009年12月16日
「モールドレンズ用光学ガラス」のダウンロードデザインを変更しました。
また従来の「低融点ガラス」の名称を「モールドレンズ用光学ガラス」
に変更すると共に硝種名を“P-”から“Q-”としました。

2009年6月18日
役員人事のお知らせ。

 6月12日開催の定時株主総会ならび取締役会におきまして
 下記の通り役員が選任され、それぞれ就任いたしました。
 つきましてはこの新しい陣営をもちましてますます社業の発展に
 精励いたす所存でございますので、何卒倍旧のご指導ご支援を
 賜りますようよろしくお願い申し上げます。


2009年5月7日
レンズ設計・製造展2009へ多数のご来場ありがとうございました。

4月22日(水)〜24(金)にパシフィコ横浜にて開催されました『レンズ設計・製造展2009』弊社ブースへ 多数のご来場をいただき誠にありがとうございました。
今後とも皆様のご期待にそえるよう高品質の光学材料の供給に努めてまいりますので宜しくお願い申し上げます。


2009年4月1日
低融点ガラスに新開発の新たな硝種が追加されました。
  P-PSKH2S  nd=1.61875 , vd=63.74

エコタイプ硝種で3硝種の組成改良を行いました。
  E-SFH2、E-SSK8、E-LASFH9の3種
  物性データの一部が変更になっております(α・Tg・At・Sg・粉末法耐水性)

詳しくは、営業までお問い合わせください。


2009年3月31日

レンズ設計・製造展2009に出展いたします。

 期間:2009/4/22(Wed.)〜24(Fri.)
 会場:パシフィコ横浜 展示ホールD ブース:B-13
 時間:10:00 〜 17:00
 入場料:無料
 主催者:株式会社オプトロニクス社
 出品予定品目:
   一般光学ガラス
   低融点ガラス各種(新硝種・推奨硝種・開発硝種)の紹介
   Nikon D3本体のカットモデル及びレンズ一群の展示

 関連URL:http://www.optronics.co.jp/lens/

皆様のご来場をお待ちしております。


2009年1月15日

ECOタイプ硝種 E-LAFH2 の組成変更を行いました。

 物性値の一部が変更になっております。(α、Tg,At,Sg,粉末法耐水性)


低融点ガラスに新開発の以下の2硝種が加わりました。

  1.P-LAK52S nd=1.67798、vd=54.89
  2.P-SF6S nd=1.80301、vd=25.53

詳しくは、営業までお問い合わせください。



光ガラス株式会社

© HIKARI GLASS Co.,Ltd.